宮沢湖スタッフブログ

<< 2015.6.11.12 ルアー・フライ釣果報告 | main | モンスター出現! >>
宮沢湖沖ワカサギパターン確立!!
0
    皆様毎日暑い中体調崩さず釣りを楽しまれているでしょうか?

    本日はスタッフ細田がここ最近の宮沢湖のバスのパターンについて書いてみたいと思います。

    と言いますのも、ホントにここ最近、あまり釣果が芳しくない事がありまして、色々探るべく、仕事終わりに調査していました。

    結果から言いますと、狙いはやはり「沖」。

    ワカサギに付いていると思われる魚を狙うと言うことがキーになりそうです。

    とは言え、今年はワカサギのサイズも順調に上がってきていて、水面に追い上げられて捕食されるような極小ではありません。

    水面に追いえげられていれば、ボイルになるので魚の場所も特定しやすいのですが、予想では3m〜5mほどがワカサギとバスの生息しているレンジと考えます。

    それも踏まえて、最初はメタルジグなどで探っていました。

    すると予想は的中。

    バスがチェイスしてきます。

    それも複数匹でのチェイスでした。

    そして、無事キャッチ↓


    その後、日を改めて今度はボートからの調査。

    ワカサギが回遊しそうな場所をおおよそで予想して後はひたすらキャストです。

    そこで気がついたことが、「沖」といっても、湖のど真ん中と言う訳ではなく、あくまで「岸寄りの沖」が好調だということです。

    メタルジグではレンジが深すぎる場合もあり、そんな時は、ディープダイバーなどのロングリップミノーやシャッドが好調な事も判明。

    そして、ルアーの泳層よりも深い場所にバスがいると仮定して、ルアーサイズはアピールも兼ねてやや大きめが有効な事も判明しました。

    二日間のボート調査での釣果は以下の通りです。


    最大で47僉

    釣れる魚全てがベストコンディションでした。

    不調続きの宮沢湖ではありますが、突破口が判明したように思えます。

    という訳で、今後、宮沢湖での釣行を予定していただいている方は是非、メタルジグやディープミノー、シャッド、クランク、スピナーベイトなどの巻物系を忘れずにお持ちください。

    いい釣りが出来ると思いますよ。

    参考までに、好調なルアー達を載せておきます。


    と言う事で、ここ最近の宮沢湖バス釣りのオススメパターンのお話でした。

    では、皆様お待ちしています。
    | スタッフ細田の宮沢バス調査 | 14:11 | - | - |
    宮沢湖フィッシングエリア MIYAZAWAKO FISHING AREA
    宮沢湖フィッシングエリア オフィシャルホームページ
    宮沢湖最新情報ブログ
    宮沢湖最新釣果ブログ
    カレンダー
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    最近の投稿
    カテゴリー
    過去の投稿
    サイト内検索
    モバイル
    qrcode