宮沢湖スタッフブログ

タナゴ釣りのススメ。
0
    タナゴ釣り。

    世界一繊細な釣りです。

    当釣り場にはその釣り専用の池があります。


    専用といっても、タナゴしか居ないわけではありませんが、限りなく自然のフィードに近い状況でタナゴ釣りを楽しんでいただけると思います。

    タナゴと言う魚は、実は種類を選ばなければ、結構身近に生息している魚です。

    ですがタナゴを取り巻く自然環境や人間の問題で、釣れる場所を基本、公にはしないという風潮があります。

    が、これには大きな理由があるということだけは書いておきます。

    まあ、ここに詳しくその理由については書きませんが、一つ言える事は、釣り場として成り立たせるには「ある程度の条件」を人間が手助けをしてあげるか、「ある程度の条件」に影響が出ないように釣りをするか、しかないということです。

    当釣り場は上に書いた「ある程度の条件」を人間が手助けする形で釣り場として成り立たせています。

    とまあ、難しい事はこの辺で書くのをやめましょう。

    では、タナゴ釣りの楽しさとは。

    先ず、誰にでも簡単に釣れる釣りでは無いという点ではないでしょうか。

    これはただ単に「難しい」というよりは「奥が深い」と言い方が正しいと思います。

    そして、もう一つは、「魚の美しさ」だと思います。

    丁度、これを書いている時期(春先)はタナゴ達の産卵の季節です。

    この時期のオスのタナゴは婚姻色が出てとても綺麗です。



    因みに、みやざわこフィッシングエリアのタナゴで出釣れるタナゴは「タイリクバラタナゴ」と言う種類がメインです。

    その他も「カネヒラ」「ヤリタナゴ」「キタノアカヒレタビラ」「アブラボテ」と数種類のタナゴが泳いでいますが、数は圧倒的にこの「タイリクバラタナゴ」というタナゴが多いです。

    余談ですが、タナゴ以外の魚も生息しています。

    モツゴ、ヨシノボリ、ヌマチチブ、マブナ、ヘラブナ、コイ、カワムツ、オイカワ、ブルーギルなどなど。

    では、この釣りを楽しむにあたって、必要な道具などの説明に移りましょう。

    こちらをご覧下さい↓



    ・針
    ・仕掛け
    ・竿
    ・エサ
    ・観察ケース
    ・小皿
    ・スプーン
    ・はさみ
    ・バケツ

    とまあ、このような感じ。

    この中には「まああれば便利」程度の物も含まれて居ますが、この程度の道具で十分に楽しめます。

    では、道具を選ぶことにおいのアドバイスを書かせていただきます。

    ・針:この釣りのかなり重要なアイテムです。

    色々出ていますが、この2つ↓を選んでおけば問題ありません。


    ・仕掛け:これもかなり重要です。

    タナゴ釣り用の仕掛けと言うのは最低条件です。

    釣具店に行けば仕掛けもさまざまなものが売っています↓



    安い物では400円前後〜高い物では2000円オーバーなんてのもありますが、お薦めは1600円ほどの手作り仕掛けが間違いありません。

    一回使ってポイではありませんので、ある程度高級な仕掛けではありますが、買って損は無いと思います。

    ・竿:重要!と書きたい所ですが、実は何でもいいです。

    重要なのは長さです。

    当釣り場では3尺弱(90cm弱)〜4尺(120cm)くらいまでの物が使いやすいです。

    写真の物は自分の私物です。(ダイワ/ひなた2.4尺)価格も手ごろで非常に使いやすいです。お勧め。

    ・エサ:グルテンエサが使いやすいです。作りすぎに注意。

    自分は主にこの3種類を気分で使い分けしています。↓



    グルテン1、野釣りグルテン、グルテン5。

    実際はまあ何でも良いと言ってしまえばそれまでですが、多少なりともグルテンエサの中にはタナゴ釣りに向き不向きというのはあります。

    この3種は非常に使いやすいです。

    因みにパッケージの中には小分けになった物が数袋入っています↓



    が、小分けになった物でも多すぎるので自分のやり方ですが、エサを作る量と作り方などは道具説明の後に書かせていただきます。

    ・観察ケース:あれば綺麗に写真がとれます。ただそれだけ

    ちゃんとした物は結構な値段がします。がここ最近は釣具店で300円位で安い物も売ってます。無くてもOK。

    ・小皿:エサを作るときに使います。100円ショップで十分。

    ・スプーン:エサを作る時に使い、釣り中もエサ置きとして使います。100円ショップで十分。

    ・はさみ:仕掛けのオモリ調整の時に使います。細かい作業が出来るものがいいです。

    ・バケツ:釣れた魚を入れておくケースです。(ブクブク付きのちゃんとした物がベストですがまあ何でもいいです)

    ‐皿とスプーンを用意します。



    ∪茲此⊂袋からスプーン1杯(すり切り)を小皿に取り出します。



    F盈未凌紊鬟好廖璽鵑之徇未靴泙后(多すぎても少なすぎてもダメです)



    ぞ皿で素早くサックリ混ぜ合わせて数分置いて完成です。



    因みにエサの付け方ですが、針で引っ掛けてこんな感じでつけます↓



    とまあ、このような感じ。

    エサの中にこんなアイテムをチョッと足したりするのも違いが出て楽しいですよ。



    でも入れすぎには注意!

    といった感じ。

    そして、ここから釣りがスタートする訳です。

    では、このブログも釣り場に移動しましょう。

    まず、タナゴってお魚はどんな所を狙うのかと言うお話ですが、当タナゴ池では主にこのような場所を狙うのが効果的です。

    季節によって多少変わりますが、こちら↓


    ・池の縁:当タナゴ池は石組みで作られている池です。あまり沖目を狙うよりは手前の石組みを狙った方が釣り易いです。



    ・水草付近:タナゴ池は、夏場になると水草でほぼ一面覆われてしまします。水草の切れ目などは好ポイントです。



    ・睡蓮の葉の影:水温が上がりすぎるような時はやはり日影が好ましいようで、そんな時は良いポイントになります。

    今回は、こんな感じ↓で普通に池の縁を狙ってみることにしました。


    地面に直に座る場合は、ちょっとした座布団などあれば便利だと思います。

    そして、お次は仕掛けのバランスのとり方と基本的な釣り方ですね。

    まずはこちらの写真を見てください↓

    ウキが沈んでしまっているのがお分かりでしょうか?

    実は、これで良いのです。

    極々ゆっくりウキが沈んでいく位にオモリで調節してあげることで、微妙なアタリまでしっかり取れるようになります。

    沈むスピードが速すぎなのはダメです。

    1秒/1cmくらいのスピードでしょうかね。

    そして、エサをつけて釣りをする訳ですが、いずれは魚が寄ってきてアタリが出始めます。

    アタリは、仕掛けのメインの浮き(親ウキと言います)よりもその下の点々(糸ウキと言います)に出ます。

    糸ウキが、ゆらっと揺れたり、弛んだり、何かしらの変化が出た場合はそれがアタリです。

    もちろんアタリが出たら合わせが必要です。

    ですが、合わせの動きが大きすぎると、せっかくの仕掛けが一発でグッチャグチャなんて事もあります。

    素早く小さく合わせるのがコツです。

    まあ、それはやって行けばわかると思いますので、ここに書くのはこの程度で。

    そして、ついにタナゴが釣れます。

    タナゴは小さな魚です。

    当たり前ですが、針を外す時に人間が手で掴めば、その魚はその後ほぼ死んでしまします。


    基本、針を外す時は、針だけを持ってそっと外して上げで下さい。


    外せない場合は、しっかり手を水で冷やして濡れた手でやさしく外してあげましょう。

    と言った感じで、基本的なタナゴ釣りの流れはこのような感じです。

    こんなに繊細な釣り、ホントに楽しいの?と思う方も居るでしょう。

    ぜひぜひ興味がある方は、遊びにきてください。

    分らない事があれば、多少なりともアドバイスはさせていただきますので。

    世界最小の釣り、始めませんか?

    では。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    みやざわこフィッシングエリア「タナゴ池」
    釣り料金
    1時間:500円
    1日 :2400円
    レンタル竿セット1組:1000円※竿、仕掛け1個、エサ、バケツのセットです。
    ★タナゴの持ち帰りは1時間2匹まで。(※タイリクバラタナゴのみ持ち帰り可能です)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
    | 支配人リュウヤのたまに書く日記 | 13:17 | - | - |
    大雪被害による営業中止のご案内
    0
      支配人の齋藤です。

      15日の大雪後の様子をお知らせするとともに、今後の営業についてお知らせ致します。

      単刀直入に言いますと、営業が出来ない状態です。


      宮沢湖の積雪70センチ以上。

      吹き溜まりは1メートル近く積もってます。

      それにより、舟桟橋は沈没↓


      休憩所は屋根崩壊↓

      ドーム桟橋はドーム手前のログハウスが半沈↓

      と言う状態です。

      復旧にどれだけ時間がかかるか今のところ見当がつかない状態です。

      ですので、今後も定期的に状況報告させていただきます。


      現時点(16日現在)では、今週末22日(土曜日)より営業を再開する予定で作業中です。

      ご迷惑をおかけしますが、是非宜しくお願い致します。
      | 支配人リュウヤのたまに書く日記 | 16:54 | - | - |
      ヤツが来た。。そして、1m現る。
      0
        皆さんは、このおじさん知ってますか?
        小林重工(コバヤシジューコー)って言う人です。

        コレ↓
        作ってる人です。

        自分は、何気に非常に長い付き合いでして、時折、身近な場所に現れます。

        で、ここ宮沢湖での仕事が始まって、何気に電話をしてみたんです。

        「宮沢湖、とんでもない大きさの鯉居ますよ」

        そして、先日、現れました。

        それも、すさまじい竿と仕掛けを持って。
        はい、おじさん登場。

        なにやら「てんてい」と言う方に変身だそうです。
        変身完了。

        いつもの雰囲気になってきましたっ。
        そして、↓

        どうですこの格闘ぶり。
        メーターをサックリ2匹釣って、スタイリッシュにお帰りになりましたとさ。

        でです、この模様が動画になりました。

        みたいですか?

        んじゃ、見せてあげましょう!いや魅せてあげましょう!!

        こちらです↓

        多分、観ているであろう方々の98%は日本人。

        なのに何故か全編英語。

        そして、ダイナミックなBGMとあいまって、非常に迫力のあるわけのわからない物に仕上がっております!!!

        素晴らしい出来栄えです。

        そして、実は、この映像で使っている竿と仕掛けは宮沢湖に常備されています。

        使ってみたい!なんて方が居ましたら、是非是非声を掛けてください!!

        と言うわけで、ジューコーのおじさんのお話でした。

        おじさん所の商品はこちら↓で購入できます!
        そして、おじさんの動きはこちら↓でチェックできます!
        では、宜しくお願いいたします!

        ※あーそういえば、先日うちでコイ釣りをされた方で、おじさんの所の竿を使ってた方。
        モンスターに持っていかれた竿が無事救出されてますよ〜!!
        受付で保管していますので、時間のあるときに取りに来てくださ〜い。
        では!!


        | 支配人リュウヤのたまに書く日記 | 13:58 | - | - |
        雑魚釣り桟橋で鯉。。。
        0
           どうもこんにちは。

          支配人のサイトウリュウヤです。

          本日は、宮沢湖の雑魚釣り桟橋での超エキサイティングな釣りをご紹介です。

          単刀直入に言いますと、簡単に言ってしまえば「コイ釣り」です。

          ですが、ただのコイ釣りではありません。

          雑魚釣り桟橋では持ち込みの道具が使用可能ですが、リールの使用は出来ません。

          したがって、必然的にノベ竿での釣りとなります。

          一般的に、ノベ竿で鯉を釣る場合は大きくても50cm〜60cmといった所がターゲットでしょう。

          ですが、宮沢湖で釣れる鯉はそれをはるかに超えます。

          こちらです↓
          この魚は先日自分が釣り上げた魚です。

          サイズは90cm。

          仕掛けは、コイ用のノベ竿11尺(330cm)に道糸4号、ハリス3号でやっとこキャッチといった感じです。

          因みにコレよりも強い仕掛けで挑んだ場合
          こうなったり・・・・

          最悪こうなったりしますので注意が必要です。

          ですが、この釣りは非常に面白いです。

          余談ですが、このサイズがMAXではありません。

          宮沢湖には1mをゆうに超えるサイズのコイが沢山います。

          あと、魚がかかった場合、絶対に必要な物がタモアミやフィッシュグリップの類。

          一人で掛けて一人でランディングは未だ成功していません・・・・。

          何しろ、超大物とのガチンコファイト、是非是非チャレンジしてみてください。

          桟橋でメーター鯉釣りの提案でした。

          では。

          ※注:本当に大切な竿は使わない方がいいと思います。予想以上にとんでもない引きなので。。。
          | 支配人リュウヤのたまに書く日記 | 13:49 | - | - |
          スタッフブログ一発目は私が。
          0
            スタッフブログ一発目は私が。

            と言う事で自己紹介をさせていただきます。

            みやざわこフィッシングエリア支配人の齋藤竜也と申します。

            前職場は「としまえんフィッシングエリア」で支配人をさせていただいていました。

            そして、前々職は神奈川県相模湖にてGeppettoと言う小さな釣具店を営んでいました。

            相模湖湖畔から、としまえんのプール、そして宮沢湖湖畔と水辺を転々としております。。

            まあ、そんなこんなで転々としてたおかげで、釣りの方はそこそこ出来る人間です。

            ですが、いかんせんヘラブナ釣りは中々難しすぎて未だ勉強中ですが・・・。

            実は自分の本業はルアーとフライの釣りです。(今現在、宮沢湖では出来ませんが・・・)

            そして、最近はタナゴ釣りですかね。

            タナゴ、皆さん釣った事ありますか?

            非常に綺麗な魚です。
            みやざわこフィッシングエリアでは今現在タナゴがベストシーズン。

            婚姻色ががっつり出て非常に美しい魚たちが遊んでくれます。
            ぜひぜひ、チャレンジしに来てください。

            そして、綺麗な魚が釣れた場合は写真に撮ってみるなり、もしも、可能であれば、お家で飼ってみてはいかがでしょうか?

            熱帯魚達に引けを取らない魚です。

            まあ、そんなわけで、いったい何の話かわからなくなってしまいましたが、是非是非、今後ともみやざわこフィッシングエリアを宜しくお願いいたします。

            いろんな方が、気軽に来れる釣り場にさせるべく、日々精進させていただきます。では。

             
            | 支配人リュウヤのたまに書く日記 | 16:15 | - | - |